個性に合わせた読み解きを

色彩心理の視点からアート表現を読み解く時に

一般的に言われている

この色はこういう心理という読み解きが

当てはまらない場合があります。

 

人にはそれぞれに個性があるので

その個性に合わせて色の心理を捉えることが

より、そのお子さんの心理に近づくことが出来ます。

 

例えばその子が穏やかで安定している時に

どんな色を使い、どんな表現をしているのか

逆に、ストレスが溜まっていたり落ち込んでいる時に

どんな色を使い、どんな表現をするのかを

普段からよく観察しておくことで

お子さんの心の動きを把握できるようになります。

 

色の捉え方は絶対ではありません。

色に人の気持ちを無理やり当てはめるのではなく

一人一人の色感覚に合わせることが

とても大切なのです。

 

表現を見る側の人も柔軟さが必要になるので、

普段からセルフケアも大切にしてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください