子どもにダメと言いたい時は

子どもにダメと言いたい時は

子どもって大人が思う通りに行かないし

それが普通とも言えます。

でも、子どもだからと言って

全てをオッケーにするのも

子どもにとって良くない事もあります。

 

命の危険があることや、誰かを傷つける行為は

どんなお子さんでも止めるべきだと思います。

社会の中で生きていくためには

必要なことですからね。

 

障がいのあるお子さんの中には

衝動性の特性を持つお子さんもいますが

どんなお子さんでも、出来るだけ早期に

何度も繰り返し練習することで

少しずつ減らせる事もあります。

それは何よりも本人の命を守ることにも

繋がっているからです。

 

では「危ないからダメ」

「困るからやめて」と言うだけで良いか?

ということ、それだけではなかなかその行動は

無くなることはありません。

 

ポイントがあって

①どんな時にその行動がよく見られるかを観察する。

②観察して傾向が見えたら、その行動が起こる前に
回避できるようにサポートをする。

③危険な行動の代わりに発散できる行動を
いくつか提示しながら、代わりの行動を増やす。

などが挙げられます。

もちろん、これだけで簡単には変わらない

という事もありますが、やってみる価値はありますよ。

 

禁止するだけでは子どももストレスが溜まって

発散できる場所が無くなってしまいます。

子どもの意識を別の方に向けられるように

働きかけてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください