私の子どもが小さかった頃、

絵本の読み聞かせをするという

寝る前の儀式がありました。

 

でも、遅くなって早く寝かせたいときは

もうひとつの儀式をしていました。

 

それは、NHKの子ども向け番組の中で

「おててえほん」というコーナーがあって、

子どもが手を絵本のように開いて

自分で想像して作ったお話しを

読みあげる真似をするものでした。

 

私の子どもも、凄い想像力だな・・・

と思えるくらいに

楽しいお話しを創っていましたよ。

ときどき、「今日はお母さんに叱られました」

なんて、その日あったことを

読む日もありましたが。

 

こういう想像力を育てることを

日常の中で取り入れると、

自然と想像することが好きな子になりますよ。

 

可愛いお話しを記録に残しておけばよかったな・・・

と、少し後悔しています。

ぜひ、記録にも残してくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。