きょうだいとの関係性

 

子どもにとって、きょうだいの存在は

大きいものですよね。

きょうだいなんだから仲良くして欲しい

と思う気持ちとはうらはらに・・・

ということも多々あります。

 

きょうだいと言っても、タイプは様々。

上の子が下の子のお世話を沢山してくれる、

とにかくケンカばかりしている、

何をするにもいつも一緒で仲良し、

お互いに全く関わらずそれぞれに過ごす、

・・・など。

 

そして、親と子の関係でもいろいろです。

両親と子ども一人であれば、三角の関係。

両親と子ども二人であれば、

四角とそれぞれ斜めに結ぶ線ができます。

子どもが三人だと・・・

と家族の人数が増えれば増えるほど

家族の関係性は複雑になって行くのです。

 

そう、家族といえども複雑なのです。

だからこそ面白くもあり

大変でもあるのでしょうね。

 

案外意識することのない関係性。

みんなが横並びでもなく、

縦一列でもないと考えると、

いろいろな事が見えてきたりします。

 

 

 

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください