子どもの負の感情にはどう向き合うか

 

子どもの自我が育ち、大きくなってくると、

養育者に対しても敵意のような

負の感情をぶつけられることもあります。

 

大人に向かってなんていうことを!!

といきなり怒りに任せて

叱ってしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、その時に敵意や嫉妬心などの負の感情を

抑えつけたり、子どもの罪悪感を利用して

いけないこととしてしまうと、

子どもはその負の感情を自分で

処理できなくなっていきます。

 

負の感情を持つということは、

人として当たり前にあることとして

自然に表に出せるように受け入れてあげることは

養育者として価値のある役割となります。

その姿を見せることで、

子どもも自分の感情を

コントロールできるようになって、

自制心が育つのです。

 

人には負の感情も存在することを

しっかり自覚した上で

自分とどう向き合っていくのかを

伝えていきたいですね。

 

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください