言葉では伝えられないもの

言葉では伝えられないもの

 

子どもに言葉では

伝えられないものがあります。

 

それは、親が子どもに接する時の

しぐさや態度です。

 

こういう時にはこうするんだよ

と言葉だけで伝えても

子どもは自分がそうして貰っていなければ

イメージすることは難しいです。

 

逆に、言葉ではなく体と心で感じたものは

子どもは他の人にも同じように

接することが出来るようになります。

 

例えば、お父さんやお母さんが

自分の子どもに対して

沢山抱きしめてあげたり、

頭を撫でてあげたりして育てると

 

その子は誰も教えていなくても、

お友達や小さい子、時には親にも

同じように接していきます。

 

大きくなってその子が親になった時に

自分の子どもにも同じように

抱いたり撫でてあげながら育てるでしょう。

 

言葉だけでは伝わらないことは

沢山あります。

時には言葉以上に

意味のあるものもあります。

大切に伝えていきたいですね。

 

 

 

8月6日(日)10:00〜11:30
キッズ作文教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください