子どもにはケンカはつきもの。

ケンカするのは当たり前。

 

そう頭の中ではわかっていても、

いざ自分の子がお友達とケンカをして

ひどい!と思うことを言われたりすると

親としては心中穏やかではいられませんね。

 

もともと、子どもはびっくりするような

辛口の言葉で相手を非難することは

よくあることなのです。

何故ならば、子どもの世界は

基本的に自分が中心の時期だからです。

 

ですが、傷つくようなことを言われたり

自分が言った言葉で

相手が傷ついている姿を見て

子ども達は思いやる気持ちを学び、

時には自分が我慢することを学びます。

 

ケンカを通して、どうすれば解決できるのか

相手はどう思っているのか

などのコミュニケーション能力を

学んで行くのです。

 

ケンカはいけないことと教えるよりも、

ケンカをしたらどう解決するか?

を一緒に考えてあげられる大人

でありたいですね。

 

*******************

電子書籍出版

〈2016年11月28日出版〉
「子育てで悩んだときに読む本」
朝日新聞デジタル他20社で
取り上げていただきました!
    

掲載されている記事のブログ
「子育てで悩んだときに読むblog」

〈2016年12月23日二冊同時出版〉

「子育てで悩んだときに読む本 VOL.2」
    

「子育てで悩んだときに読む本 VOL.3」
    
VOL.3では、書き下ろし記事も掲載しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。