嬉しい出来事

 

今日は、ある方から

嬉しいご連絡がありました。

私が担任をしていた子の

お母さんからの連絡でした。

 

その子が今、保育士を目指して

頑張っているとのお知らせ。

 

 

2〜3歳の頃に担任をしていて、

まだ言葉では上手く意思疎通も出来ず

思えば、そのお母さんもその子も

保育園の時は色々と大変なことも

あったのだろうと思います。

その中で、私に出来たことは

ほんの少しのことだったけれど・・・。

 

でも、この子は大きくなったら

必ずお母さんを支えてくれる子になるから

絶対に大丈夫だよって

よく言っていたのを覚えています。

 

もちろん、私だけではなく

その後に担任をした先生も

大きな影響があったはずです。

 

今、目標に向けて頑張っている

我が子にぜひ会って欲しいと

そんな連絡をいただいて、

なんだかとっても嬉しかったのです。

 

まさか、あの子が保育士さんとは!!!

と驚きもありましたが、

あの子だったらきっと良い先生になれる!

と、もう卒園してからは会っていないけど

何となく自信を持って言える私がいます。

 

こんなことがあるから

保育士って大変だったけど

良い仕事だったな・・・と思えます。

これから保育士さんになろうとしている方は

不安もいっぱいだと思いますが、

頑張ってただひたすら一生懸命に、

子どもとお母さんと向き合って

日々を楽しんでいると、

こんな良いことも沢山あるんですよ。

 

これこそ、まさに

保育士冥利に尽きると言える

今日の出来事でした。

そして、私も子どもに関わる一人として

教え子に恥ずかしくないように

頑張っていこうと思いました。

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください