教育現場でも役に立つ理由

子どもの表現読み解き講座は

ご家庭でお子様の表現を見たい

という方だけではなく

教育現場でアートセラピーを取り入れて

子どもの心に寄り添いたい

という方もいらっしゃいます。

 

教育現場でも塗り絵を導入して

子ども達の心の状態を知ることで

子どもの言動からだけでは判断できない

その子が言葉に出せない本当の気持ちを知り、

どう向き合うかを考えるヒントとなります。

 

コドモtoアートLabで使用する塗り絵は

その時の心理を反映するものを使用しているので

潜在意識を見える化することが出来ます。

 

不登校のお子さんが塗った塗り絵から

本当はどんな気持ちなのか、

本当は周りの人に伝えたいことは何か?を

私の方でじっくり読み解かせていただきました。

 

人間関係に悩み、自分の気持ちの整理が出来ず

一人で抱え込んでいる状態の時は

言葉で誰かに思いを伝えることは

とても難しいことがあります。

でも、塗り絵を通して表現すると

言葉以上に伝わることもあります。

 

周りの大人の人達から見えている姿と

子どもが抱えている問題は

同じとは限らないのです。

 

私は大人の目線ではなく

子どもの目線で読み解くことを心がけています。

それは、子どもの代弁者として

その子の「わかって欲しい」という気持ちを

代わりに伝えて行くことが私の役割のひとつ

と思っているからです。

 

その子が目の前にいたら

「その気持ちを出しちゃって良いんだよ」

と心の中で応援したいなぁと思います。

 

 

コドモtoアートLabネットショップ

https://kodomotoartlab.stores.jp/


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください