こんな時だからこそ。

毎日、コロナウィルスについての情報で

右往左往するように

いろいろな人の意見が変わって行きます。

 

私の周りでも考え方、捉え方は人それぞれで、

これが正解と思えるものは

私の中でもまだみつかっていません。

どちらを選択しても何らかの危険が伴うと

思うからです。

 

イベントを主催する人だって

それなりの覚悟を持って主催するのだろうし、

中止にする人だって

いろんな考えのもとで中止とするのだろうし。

 

でも、一つ思うのは

相反する選択をする人たちが

叩き合ったり、自分の考えが正しいと

押し付けるのも違うのではないかなと

そう思うのです。

それだけ、みんな不安の中で生きている

とも言えるのでしょう。

 

私は芸術の分野で生きています。

音楽やアートというものに携わっていて

感じていることは、

芸術の分野はこういう側面では

後回しになってしまいがちということです。

 

芸術というものは

確かに無くても生きていけます。

でも、芸術というものは

人の心を救うことがあります。

 

現に、外出禁止とされた外国では

ベランダに出て多くの人が歌ったり

楽器を演奏している風景が

沢山SNSで流れて来ます。

 

音楽やアートをセラピーの方法として

取り入れている病院が沢山あるというのは

人の心を癒し、元気にしてくれる方法として

認められているからです。

 

私も、アートで子どもたちが元気になっていく

その過程を沢山見て来ました。

こういう時だからこそ、芸術に触れて

心を癒し、整え、元気になって欲しい

と心から願います。

 

早く、安心して過ごせる日が来ますように。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください