変わりたいのに何故変われないのか

今の自分に満足できていない時

自分は変わりたい!変わるんだ!!

と思っていても、

変われないのはどうして?

と思うことがよくあります。

 

人は変わろうと思う時、

その思いが強ければ強いほど

潜在意識の中で今いる場所に留まろうとか

少し進んだところで元の場所に戻ろう

という意識が働いてしまうからなのです。

 

人は慣れた環境から変わろうとする時

不安や恐怖心を抱きやすい

ということもあります。

 

ですから、実際に変われる人は

その戻ろうとする力よりも

さらに強い意思で変わるんだと

自己決定して動いた人だと思います。

 

この仕組みがわかっている人は

本気で変わりたいのなら

友達関係や環境も変えなさい

と言ったりもしますよね。

 

何故なら、自分が変わろうとしても

実は周りの人が戻そうとする

ということがあるからです。

個人的にはそこまでは・・・

なんて思いますけどね。

 

変わりたいのに変われない

という時は、この戻りたい意識が働く

ということに気づくと

対処しやすくなることもあります。

 

例えば、変わり始めた途端に、

なんだか気持ちがざわざわして

居心地が悪くなったという時に

「あぁ、戻ろうとする意識が出て来たな」

と気付けるようになると

そこで、さらに進むのか戻るのかを

自分自身と対話して決められます。

 

得体の知れない怖さや不安と

戦う必要がなくなるのは

結構メリットは大きいと思いますよ。

 

変われた人は凄いとか

変われない人は駄目とか

そういうことではもちろんなくて、

知った上で変わらないという選択をするのも

立派な選択だと思います。

 

もちろん、これは子ども達にも

同じことが言えます。

お子さんがなかなか変わらない

と思うのならば、

変わりたくない気持ちが働いている

と思って見てあげると

また接し方も変わりますね。

 

11月25日(日)はコドモアートフェスです。

ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね!

詳細はfacebookイベントページにて!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。