生まれたときは、

「快」「不快」「興奮」の

3つの感情を持っている。

と、前の記事で書きました。

(実は、3つ目を「興奮」と言う場合と、

「興味」と言う場合など所説あります。)

 

その後、数か月から6~7か月頃までに

「喜び」「怒り」「恐れ」

「悲しみ」「驚き」などの

基本的な情緒は育っていると

言われているんですよ。

 

たった半年で、

3つの感情から、こんなに多くの

感情を持つようになるのです。

 

そして、それぞれの感情は

お母さんをはじめとする

養育者との関わりの中で

育っていくのです。

 

0歳児の1年間は

情緒面も運動面も著しい発達を見せます。

その速さに戸惑うお母さんも

いると思いますが、

発達のめやすを知っておくだけで

子育ても少し違ってくる

かもしれないな・・・と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。