最近読んだ本

 

最近読んだ本の中で

東田直樹さんの「自閉症の僕が跳びはねる理由」

という本があります。

 

自閉症である著者の東田さんが

なぜ、こういう行動をするのか?

なぜ、こういう事を言うのか?

と、自閉症の方の内側を教えてくれる本です。

 

この本を読んでいると、

自分がいかにフィルターを通して

見ていることが多いのかに気付かされます。

 

数年前に亡くなった私のおばも

重度の障害者だったのですが、

同じように内面は他の人には伝わらないことも

とても多かったな・・・と思います。

 

子どものころ、おばと一緒に出掛けていると

世間の人からの言葉では表せないような視線が

いつも周りにあって、

それは今でも忘れられません。

 

私たちが上から目線でどうこう言うよりも

この本を読めば、いろいろなことが

わかるのではないかな・・・と思いました。

 

私はお出かけの時に持ち歩きたかったので

角川文庫から出版されている

文庫本の方を購入しました。

 

東田さんは、他にも著書がありますよ。

とても純粋な文章で読みやすいです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。