赤ちゃんに話しかけるときに

無意識のうちに赤ちゃんことばを

使う人は多いと思います。

 

ワンワン、ブーブー、

おてて、ねんね・・・。

語尾までも

「~でちゅねぇ。」

などなど、沢山の赤ちゃんことばを

使っています。

 

実は、この赤ちゃんことばは

日本特有と言われています。

 

話しかけるときに

高いトーンの声で、ゆっくりと、

短い文で、抑揚をつけて話すことを

マザリーズ(お母さん言葉)と言いますが、

このマザリーズはどの国でも

使われているものなのです。

 

同時に使われる赤ちゃんことばは別のもので、

日本語は助詞などもあって複雑なため

ことばの意味をわかりやすくする

という効果があるんですよ。

 

赤ちゃんことばを使うことに

マイナスのイメージを持つ人もいますが、

赤ちゃんから幼児に成長するにつれて

自然に正しいことばで

覚えるようになります。

とはいえ、私たち養育者も

年齢に合わせて

赤ちゃんことばから

正しいことばを使うように

意識した方がいいと思います。

 

無意識に使ってしまう

赤ちゃんことばにも

ちゃんと効果はあるんですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。