赤ちゃんは生まれたばかりのときでも、

感情はあります。

ですが、生まれたばかりは

「快」「不快」「興奮」

の3つの感情くらいです。

 

でも、この3つの感情を伝えようと

必死に泣いたり

声を出しているんですよ。

 

そうしていくうちに、

いろいろな感情が育っていくのです。

 

赤ちゃんだから何もわからない

のではなくて、

複雑ではないにしても、

ちゃんと感情を持って

生まれてきているのです。

 

豊かな感情を育むために

沢山の経験をさせてあげたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。