子どもを評価することの危険性

もし、あなたのお子さんが

テストの結果が60点で、

100点が取れなかった時に

どんな言葉をかけていますか?

 

「どうして100点取れないの?」

「60点は取れたから良かったね!」

 

私たち大人はは当たり前のように

100点取れば、すごい。

100点取らなかったら、だめ。

という先入観を持っている人が多いですよね。

 

もちろん、「そういうもの」として

そういう社会で育った私たちですから

当然のことではあります。

 

が、この先入観で子育てをしていると

子どもの将来に影響する

ということを考えたことはありますか?

 

例えば、100点をなかなか取れない子は

100点を取れないことを

叱られたり、注意されることが多くなります。

 

そうすると、子どもは自分に対して

自分は100点を取れない

「ダメな子」という認識を

持つようになってしまいます。

 

この「自分はダメな子」という認識を

持つようになると、その後は

テスト結果だけに限らず

色々な場面で

「自分はダメな子」と思うようになり

自信が持てなくなってしまいます。

 

わかりやすくテストの点数を

例えてお話しましたが、

このように、色々な場面で

大人目線の基準で良い悪いという

評価をすることによって、

子どもは自信を持てなくなる

ということはとても多いのです。

 

評価をすることよりも

本当に大切なことは

まず、そのままのあなたで良いんだよ

って認めてあげることが大切なんです。

 

その上で、ここはこうしてみようか!

という目標設定をして挑戦してみる

という方法を選ぶ方が

子どもは自分へ「ダメな子」という

認識を持たずに頑張れるようになる

と思いますよ。

 

 

今月も自由表現のアート教室やります。

ぜひご参加くださいね!

日程はコチラ↓

5月の予定

5月12日 子どもアート教室カラプレ

5月14日 子どもアート教室カラプレ*プチ

5月17日 オトナのゆるゆるアート教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。